読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Opus.92

LPレコードの感想など。

ラファエル・クーベリック指揮ボストン交響楽団 ベートーベン交響曲第5番ハ長調作品67

f:id:Opus92:20161024004416j:plain

クーベリックのこのシリーズでアメリカのオーケストラはこのボストンと8番のクリーブランド管弦楽団の2曲。やはりシカゴ交響楽団は入っていないところが、興味深い。1973年の録音。

クーベリックとボストンと言えば、有名なスメタナの連作交響詩「我が祖国」の録音がある。この録音が1971年であったことを考えるとクーベリックとボストンの良好な関係が続いてたことを伺い知ることができる。

演奏は、充分にクーベリックの表現を理解尽くしたボストン響のなんとも滋味深い音楽に心を奪われる。弦楽器の織りなす優しく暖かい音色の変化、充分に空間を取ってから語り始める語調など、魅力が尽きることは無い。やはり2楽章が秀逸である。

何度も繰り返し聴いた曲であるだけに、クーベリックの音楽表現の特徴を際だった形で印象に入れることができる。それは、「時間」の使い方では無いかと思う。決して急がないし、慌てずに、オーケストラが求める音の響きを充分に出せるまで待つ(時間としてはわずか0.1秒とかいった時間ではあるが)鋭敏な感覚と言える。また、その感覚に非常に敏感に反応しているのがボストン響とも言え、アメリカ的なオケの片鱗と感じる。