読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Opus.92

LPレコードの感想など。

ラファエル・クーベリック指揮イスラエルフィルハーモニー管弦楽団 ベートーベン交響曲第4番変ロ長調作品60

f:id:Opus92:20161024004149j:plain

B面にひっくり返して第4番が始まったとたん、このクーベリックによる異なるオーケストラでのベートーベン交響曲全集録音の企画が、見事に成功しているというのが判る。クーベリック自身のアプローチの基本は同じだが、それを感じ取って演奏するオーケストラ側から出てくる音楽は全く個性が異なる。

イスラエルフィルの丸みがあり厚い弦楽の響きと、非常に積極的な音楽表現は、第1楽章の導入部から主題が出てくるところにかけて堪能することができる。ただ、多彩なクーベリックの意志に忠実にオーケストラが追随しているかというと少し疑問でもあり、このオーケストラのサウンドが持つ魅力がクーベリックの音楽の方向性と必ずしもベストマッチではないことも感じさせる。3楽章はまだ上手くいっている方だが、4楽章の抑揚を強調した表現は、本当にクーベリックがやりたかったことなのかどうかと疑ってしまう。そのため作りすぎ感が出て聴き手が集中力を上手く保てない。ただ、これはクーベリックに限らず、イスラエルフィルの録音に共通する印象でもあり、実際、YOU TUBEで現在のイスラエルフィルを聴くことがあるがやはり同様な印象をもつことが多い。

1975年、ミュンヘン・ヘラクレスザールでの録音。つまり、テルアビブまでクーベリックが出掛けた訳では無いということになる。この企画でクーベリックが各オーケストラの本拠地で指揮をしなかったのは、この録音のみであるが、丁度レバノン内戦が始まった時期でもあり、物理的に困難な背景があったのであろう。